先輩社員紹介

true

工事本部 電力環境工事部

向島拓海(26歳)

出身:北海道工業大学(北海道科学大学)  機械システム工学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    水力発電所の分解整備で頑張ってます

    現在私は水力発電所の定期点検で水車の責任者として分解整備をやっています。前回までは他の水力発電所で発電機の分解整備をやっていたのですが、水力発電所の仕組みをより理解するために今回は水車の方を任されています。沢山有る部品の名前や構造などを覚えながら、分解の手順や必要な工具を準備したり、決められた工期内で終わらせるための工程管理など、先輩に教わりながら日々頑張っています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    流れ作業では無く、一つ一つ考えて前に進む仕事にやりがいを感じています

    一口に水力発電所と言っても、機械の大きさ・メーカー・構造・用途によって様々な種類が有ります。多くの水力発電所は15年に1度しか定期点検(全分解)を行わない為、常に違った機械を分解して点検整備する事になります。過去の記録に従って作業は行うのですが、一つ一つの工程でシッカリと考え、間違いの無い事を確認して行かねばなりません。
     全ての整備が終わって、発電所がスムーズに動き出した時には、苦労が多かった分うれしさも格別です。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    直接機械に触れる事の出来る仕事がしたかった

    入社のキッカケは、大学の先生に「大きな機械に触って整備できる会社」と紹介され、自分の思い描いてた仕事と思い入社しました。
    想像以上に大きな機械を整備する事は大変で、多くの人達が協力し合い、自分の持ち場をシッカリと責任を持って作業する事の大切さを痛感しました。普通の人が見ることの出来ない機械を整備し、出張で色々な所へ行けるのも魅力でしたが、工事に必要な様々な知識を学ぶ為に、会社が様々な資格や免許を取らせてくれるのが嬉しいです。

これまでのキャリア入社した時から水力発電所の工事に従事しています。最初は言われるままに工具や部品の運搬をしていましたが、色々な事を覚えるにつれ小さな作業を任され、そして今では発電機や水車の責任者を任せてもらってます。

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が興味の有る仕事を選ぶのが大切だと思います。就職前に想像していた仕事と実際にやる仕事のやり方は必ずしも一致しないとは思いますが、まずは興味のある仕事を見つける事と、そして就職後には忍耐強く努力する事が必要だと思います。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • やっと仕事に慣れてきました!

    true

    工事本部 電力環境工事部

    藤井健太(22歳)
    千歳科学技術大学  総合光学部 光システム科 卒
  • 高さ約50メートルのボイラー本体整備が私の仕事です

    true

    工事本部 電力環境工事部

    尾崎 圭(25歳)
    酪農学園大学  農食環境学部 環境共生学類 卒
連絡先:
株式会社繁富工務店
〒064-0912 札幌市中央区南12条西6丁目1番28号
TEL:011-511-3428/FAX:011-531-7141
E-mail:m-yokoyama@shigetomikoumuten.co.jp
採用担当:横山